どんなにちっぽけな一歩でも


こんばんは。北川雅嗣です。


購入者通信の賢い読み方

本来であればツイッターの話をする
メルマガのはずなのですが、

気が付いた時にはほとんど
ビジネス思考力を鍛えるメルマガになってましたね、笑

 

まあ図らずとも
かなりご好評をいただいているので良しとしましょう。

あ、もちろん今後、必要に応じて
ツイッターの話もきちんとしています。

 

で、

毎度こんな長文を読むのに
貴重な時間を割いている以上、

どうせなら有効活用した方が良いに
きまってるじゃないですか。

 

はい、

有効活用するための簡単な、
とっても簡単な方法があります。

 

それは

「返信する」

ということですね。

 



なぜ返信することが
購入者通信を有効活用することに繋がるのか?

 

それは至って単純で、

 

読んで満足しただけじゃ明日には9割忘れてるから

です。

悲しいかな、

ほとんどの人間の頭は
見たもの聞いたものを全て覚えていられるほど
良くできてなどいません。

 

普通の人は無理です。
99.9%の人間は無理です。

柏崎さんはどうか分かりませんが僕は無理です。
多分あなたも99.9%側の人間です。

 

だから、

学んだ時間を無駄にしないために、

記憶に定着させるために必要になってくるのが

 

アウトプット

ですね。

インプットをしたら
アウトプットすることで
記憶に定着し、使える知識となり、初めて意味を成します。
ブログやメルマガをやられているのであれば
そこで書いてもいいし、

フェイスブックにこっそり投稿してもいいし、

それこそツイッターなら必然的に短文になるので
時間がない時でも簡単につぶやけますね。

この前、アウトプット専用の
ツイッターアカウントを作っている人が居たので
頭いいな~と感じました。

 

テレビを見てると頭が悪くなる?

ビジネスマッチョな方々はよく

「テレビを見ていると頭が悪くなる」

などと言いますけど、

 

これはテレビを見ている時に
脳が完全に受け身の状態になっていて、

ただ音と光の刺激を無意味に取り込むだけの
受信機に成り果てているからですね。

 

しかし、

ドラマはストーリーテリングを考えるにあたり
大いに参考になりますし、

テレビCMなんかはプロ中のプロの血と汗と涙が
15秒に凝縮されているわけですから
めちゃくちゃマーケの勉強になりますし、

バラエティ番組ですらもトークを観察していると

「こうしてギャップを持たせて
笑いを取るやり方はセミナーで使えるな」

などと新しい発見が
次から次へとポンポン出てくるわけですよ。

 

そういうことを考えながら観て、
それをメルマガにでも書いてやれば、
これはもう立派なアウトプットですよね。

 

テレビすらも正しく観て正しくアウトプットすれば
実に有用な教材になってしまうのです。

 

そして、この驚くべき事実は裏を返すと、

 

メルマガを読んでもアウトプットしなければ
テレビをボーッと観てるのと変わらない


 

ということを意味しています。

 

どんなに考えながら
ウンウンと頷きながら読んでいるつもりでも、

翌朝何も頭に残っていなければ
何の意味もありません。

 

だから、

考えながら読んだり観たりするのは前提として、
そのうえでアウトプットを行うことが
ものすごく重要なんですね。

 

一番いいのは誰かと一緒に読んで
お互いアウトプットし合うことなんですけれど、

それは中々難しいでしょうから、
LINEでの返信という形を取るのがお勧めです。
「きったんさん!
そうは言っても何書けばいいか分かりません。。
なんか恥ずかしいし。。。」

こちらは以前いただいた皆さんの返信ですが、

これら見れば分かるように、

文字通り一言だけ送られる方も多いので
ほんとに気軽に送って頂いて大丈夫です。

 

どんなにちっぽけな一歩でも

たった一言でも、
どんなにちっぽけな一歩でも、

ただ読んで満足しただけで何も行動しない人とは
ものすごく大きな差が付いてしまうのです。


 

「きったんさん!
『フューーージョン!』と送ることに
意味があるとは思えないのですが??」

それで良いのです。

もちろんキチンとアウトプットした方が
あなたの為になるのは間違いありませんが、

ただ一言送るだけでも
何もしないより遥かに良いです。

 

行動力を高めることは
成功するための必要条件です。
僕はビジネスでもプライベートでも
素晴らしい経営者の方々と
多数お付き合いさせていただいておりますが、

やはり全員に共通するのは、

異常な行動力がある

という点です。

 

いちいちリスクを過剰に考えたり、
セミナーひとつ出るのにダラダラ悩んでいる成功者を
僕は未だかつて見たことがありません。

 

この購入者通信の読者の皆さんは
平均的な日本人に比べれば遥かに行動力があるでしょうが、

それでも、ここまで言っても、
行動しない人の方が多いでしょうね。

 

つまり、

親指でスイスイッとLINEに打ち込み
一言二言返信するだけで、

この強烈な集団の中でも
上位に入ってしまうということです。

 

返信の心理的ハードル

停車している車を動かすには
ブォンとアクセルを踏まなければいけれど
一度動き始めてしまえばスイスイ進むように、

行動を始めるのは面倒なものですが
ハードルを一旦ヨイショと乗り越え動き始めれば
後は苦も無く進むものです。

 

返信は面倒です。
間違いないです。

でも、

LINE@ならその返信をするための
心理的なハードルがずいぶん低いので、

かなりお手軽にアウトプットすることができて
本当にお勧めですよ。

 

あ、すべて目を通させていただいてはおりますが、
なにぶん頂くメッセージの数が数なので、

基本的に個別返信はお約束できませんので
そこは予めご了承下さい。

※気まぐれでスタッフが返信するかもしれません。

 

なので、ツールの動作に関する質問だとか、
返信が必要なものに関してはLINE@ではなく、

購入者専用ページのお問い合わせフォームから
お問い合わせいただくようお願いします。

 

そのうちまたLINE@限定企画をやるかもしれません。
気が向いたら。笑

 

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です