進研ゼミは情報商材


こんばんは。北川雅嗣です。
昨日の購入者通信では


  • 力任せのプロダクトローンチはもう限界だよ
  • 相手の満足を第一に考えることで
    こちらも長期的な利益を最大化できるから
    真っ当にビジネスをやるのが一番だよ
こんな話をしました。

昨日の購入者通信はこちらからご覧になれます。
⇒ 力任せローンチの終焉

 

力任せローンチが終わりを迎えた後、
この世界はどのように変わっていくのでしょうか……

という話で終わったんでしたね。

 

ところで、

 

ひとつ、あなたに質問です

何か「資格」を取りたいと思ったら、
どういう風に勉強しますか?

 

本を買って勉強するかもしれませんが
そんなんで合格できるのかどうか…

予備校的な所に通うのなんて
普通に仕事してたら時間的に無理だし…

 

となると、

やはり多くの人が選択肢として思い浮かべるのは

「資格のユーキャン」

ではないでしょうか。

 

「資格」で検索してみても
ユーキャンが一番上に鎮座しています。

 

広く受け入れられているクリーンな教育事業

資格のユーキャンと聞いて
どんなイメージを持ちますか?

 

通信講座、
いろんな資格扱ってる所、
ボールペンのやつ、

色々あると思いますが、

少なくとも「怪しい」「詐欺」
といったネガティブなイメージを抱く人は
ほとんど居ない
のではないでしょうか。

 

一方、ネットビジネスは

ところが一方、

ネットビジネスのスクールとなると
世間一般的には「怪しい」「詐欺」というイメージを
持たれがち
なわけじゃないですか。

ご家族の方に内緒で高額塾に参加されている方も
決して少なくはないでしょう。

 

ユーキャンで資格を取ろうとしたら
「新しいこと始めるんだ!頑張ってね!」

ネットビジネスのスクールに入ろうとしたら
「何それ怪しい!やめておきな!」

 

これ、おかしいんです。

 

おかしいんですよ。

おかしいということに
気付かなければいけないんですって。

 

ユーキャンも進研ゼミも「情報商材」

ユーキャンだって、
進研ゼミだって、

言ってしまえば情報商材じゃないですか。笑

 

いやもちろん教える内容も規模も実績も
全然違いますけれど、

よくよく見てみれば
教材(情報商材)が渡され、
サポーターが付いて、
たまにセミナーがあって、
返金保証があって…って、

 

これネットビジネスのスクールと
本質的には何も変わらないわけですよ。

その指導の仕組みとしては情報商材と同じなんです。

(返金保証期間は到着後8日間のみである等
むしろ厳しい部分もある)

 

しかし、お金を稼ぐとなった途端に
どういうわけか一気にダークなイメージが付きまとう。


 

それは昨日話したような
力任せのセールス方法に問題があったり、

日本の「金is悪」みたいな教育も
一因だったりするのですが、

とにかく世間一般に受け入れられているとは言い難い。

 

お金稼ぎというだけで色眼鏡を通して見られる

僕らは、僕らに付いてきてくれる人の
満足を第一に考えてビジネスを進めるという
至極当然のことをやっているわけですが、

資格の勉強方法を教えるか
お金の稼ぎ方を教えるかという違いだけで
社会からの風当たりがこんなにも違う。

 

以前、引っ越ししようとしたら

「ネットで検索したら怪しい情報が出てきた」

みたいな理由で賃貸の審査落ちましたからね僕。
説明したけど分かって貰えるはずもなく。

 

「詐欺だ、稼げない、という情報が…
大家さんがそういう人の入居は無理だと…」

いや、ちゃんとやらなかったら
そりゃ稼げないですよ。

数日だけポチポチ触って放置して
それで不労所得が発生するわけが無いんですって。

 

大学受験予備校の第一志望合格率は
比較的簡単なコースでも半分まで行くことはなく
難関大学コースなら2割とかまで落ちますし、

ユーキャンの行政書士試験コースの
合格率って5%とかですよ。

 

でも、別に詐欺などと言われることは無いですよね。

そこのギャップに誰も疑問を呈しない。

 

社会へのインパクトが弱い

ユーキャンの売上高は450億。

進研ゼミのベネッセコーポレーションの
国内教育事業の売上高は2400億。

 

一方、

この「稼ぎ方を教える」インフォ業界の市場規模は
どんなに多くても2~300億。

計算方法によっては
100億も行かないかもしれません。

 

組織単位で見てみれば、

スクール事業の最大手でも
10億いくか、いかないか。

 

売上高はそのまま社会へのインパクトを意味しますから、
その程度の影響力しかないアングラな世界ですよ。

 

だから、僕らは真っ当なやり方での事業をどんどん拡大し、
もっと多くの人の人生を変えていく。

規模をどんどん大きくしていけば
いずれば広く一般にポジティブに認識されるようになる。


 

規模が小さくても
社会に認められているビジネスはいくらでもありますが、

数百億の規模でありながら
社会に認められていないビジネスというのは
存在しないからです。

 

ネット副業と言えば →

資格と言えば
ユーキャンが連想される。

そう、

それと同じように、

 

ネット副業と言えば、と来たら
パッと出てくるようなスクールを作る。

 

それが、僕らのこれからのミッションです。
働き方の多様性が認知され
デュアルワークや副業が当たり前になる世界が
すぐそこまで来ている。

その新しい社会に認められ、
何十年先も続く真っ当な事業にする。

 

2020年までには
日本人全員にその名を知らしめる。
売上高も数百億の規模になる。

海外にも進出し外貨を稼ぎ
その影響力を世界中に広めていく。

 

「はい!私はネットビジネスに取り組んでいます!」

もしもあなたが今
そう自信を持って言えないのだとしたら、

それは業界を作っていく側の責任です。

胸を張って堂々とやりたいわけじゃないですか。
家族や友人に応援されながらやりたいわけじゃないですか。

 

ネットビジネスって素晴らしいですよ。
本当に素晴らしいものなんですよ。

 

20年前までは我慢して我慢して
他人の人生を生きる他なかった人々も、
今ならネットビジネスで主体的な人生を送ることができる。

20年前までは決して有り得なかった
本当に素晴らしい手段なんですよ。
この時代に日本で生きていることが何と幸運なことか。

 

だから、僕らは、
ネットビジネスをもっと広めたい。

もっともっと多くの人に
経済的自由と時間的自由を掴み
主体的な人生を遅れるようになってもらいたい。

 

経済的自由と時間的自由を手に入れたら
後はもう文字通り「自由」です。

田舎でのんびりと何不自由ない生活を送っても良いし、

事業を立ち上げ自分の可能性を試してみても良いし、

僕らの理念に共感してくれたのなら
一緒にスクールを作っていくのも良いでしょう。

 

FMAはその第一歩

それを成し遂げるためには
FMAの成功は絶対条件ですから、
顧客満足度を第一に考えて運営を行っています。

懇親会などで実際にお会いして
ありがとうと言っていただけるのは
本当にやってて良かったなと感じる瞬間です。

 

僕らの至らなさゆえ
決して完璧だとは言えませんが、

そのぶん非常に多くのことを学べており
より良いコミュニティを作り上げるためのアイディアが
ポンポンと出てきていますので、

後はもうスタッフを率いて
ひとつずつ確実に実行していくだけですね。

 

いまツイッターが稼ぎやすいのは間違いありません、が、

そう、

ひとつ大切なことを。

 

あなたには
フォローマティックを手にしていただいた以上、

まずはツイッターで稼いでいただきたいし、
稼いでもらうのが僕らの使命です。

 

 

しかし、

ツイッターはホットな市場だからアツいというよりかは

残存者利益を狙える市場としてアツい、

 

 

ということだけは覚えておいて下さい。

 

ちょっと前に新たな風が吹き込んできたので
ツイッターは今にわかに稼ぎやすくなってはいるのですが
(FMAに参加された方は本当にラッキーですね)、

 

それでも大局的に見れば
ツイッターが「稼ぎやすい市場」なのは
長くても2016年いっぱいで、

それ以降は一般的な「稼げる市場」になるでしょう。

 

手段と目的

僕と柏崎さんは
フォローマティックの人というか
ツイッターの人というイメージが強いようですけども、

今後ツイッター関連で大きな企画等をやる可能性は低いです。

 

もちろん、今後何らかの大きな変化が起きて
ツイッターが更に稼ぎやすくなったとなれば話は別ですが、

少なくとも現段階の読みとして
遅くとも2017年には「普通に稼げるジャンルのひとつ」
になっているでしょうから、

他により良い稼ぎ方があれば
そこにフォーカスしていきます。

 

ツイッターアフィリは
「手段」であり「目的」ではありません。

「目的」はあくまで
あなたに稼いでもらうことです。


その「目的」を達成するための「手段」を
2年後も3年後もツイッターだけに拘り続け、

本来の「目的」を達成しづらくなってしまっては
本末転倒もいいところですからね。

 

時流に合わせて最適な手段を教える

稼ぎやすいノウハウというのは
やはりタイミングによって変わりますから、

稼ぐという「目的」のために
ノウハウという「手段」は柔軟に変えるべきです。

 

だから、ツイッターだけに拘らず
時流に合わせた最適なノウハウをふんだんに取り入れ、

必要であれば外部から講師を招き、
FMAに負けず劣らずのサポート体制を構築し、

ネットビジネスのイメージを塗り替え、

もっと多くの人の人生を変えられるような
大規模かつ真っ当なスクールを、

まずはFMAを成功させたのち
全力で作り上げていきます。

 

これからのトレンド

「きったんさん、

あなた達の理念はよく分かりました。
とても素晴らしいことだと思います。

ただ、稼げていない私としてはどうしても
ツイッター以外にも今稼ぎやすいノウハウを
知りたいのですが、何か良いものは無いですか?」

 

もちろんFMを使われている以上
まずはツイッターで成果を上げて欲しいのですが、

強いて言うならばこれからのトレンドとして
「動画」がより盛り上がっていくのは間違いありません。

 

で、最近は、

柏崎さんが動画関連でコッソリと
ツイッターとは違う何か面白いことをしているようなので、

そう遠くないうちに色々とお伝えできるかもしれません。

 

人には向き不向きもあることですし、

ツイッターだけに拘ることで
稼ぎづらくなってしまっては本末転倒です。

また、既に余裕ができているのであれば
リスク分散のためにも収入の柱や
リスト獲得の導線を複数持つべきですから、

これからの柏崎さんの動向は見逃せませんね。

 

…昨日今日と
ちょっと長くなりすぎてしまいました汗

ここまでお付き合いいただきありがとうございます。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です