新たなるフォローマティック?


こんばんは。北川雅嗣です。

 

なんと、

なんとなんと、



フォローマティックは本日で販売3周年を迎えました。
初代とXYの累計販売本数は約17000本、
売上にすると4億に迫る勢いとなります。


さすがに全盛期ほどの売れ行きではありませんが、
今も毎日安定して数本ずつ売れています。

実に紆余曲折ありましたけれど、
ここまで来れたのは支えて下さった皆様のおかげです。
本当に、本当にありがとうございます。

 

FM3周年記念還元企画

というわけで、、

フォローマティック3周年を記念した
還元企画を考えています。

今はFMAの全国セミナー中ですし、
色々とやることがあるので
すぐにというわけにはいかないのですが、

あなたに楽しんでもらえるようなことを
パーッとやりたいなと。

 

どうでしょう。

どんな企画があったら嬉しいですか?

 

ツイッターが稼げなくなる?

さて、

「フォローマティックXYの
次の商品は出さないんですか?」

「お二人の新しいノウハウや手法を
もっと学びたいです」

というお問い合わせを
いつもいただいております。

 

ツイッターアフィリは今、割とオイシイ時期です。

規制が強くなったことでライバルが減り、
手法が確立して、ツール等も成熟している。

そういう状態なので、
いわゆる残存者利益がオイシイ時期なのです。

かつては携帯アフィリでも
同じようなことが起きていましたね。

 

FMAでも数百万プレイヤーが誕生しているように、

凍結に悩まされながらも
稼ぐことはまだまだ可能です。

 

…とはいえ、

一時期に比べれば
ツイッターアフィリの難易度が上がっているのも事実。

 

急激に廃れていくことは無いでしょうし、
集客口のひとつとして生き続けるでしょうが、

数年後を見据えた時に
今より稼ぎやすくなるかといったら…

その可能性は低いと言わざるを得ないです。

SNSのようなWebサービスは
規制が厳しくなっていくことは多々ありますが、
緩くなっていくことは無いので。

 

初心者の選択肢が無い

ところで、

あなたは感じないでしょうか。

 

ちょっぴり視野を広げて
ネットビジネス業界というものを見渡してみると、

 

相変わらず…
いや、数年前よりも更に、

この業界に足を踏み入れた初心者が
暴力を極めたセールスの食い物にされています。

 

数年前は情報商材アフィリエイターが活気づいており
2~3万円の優良商材が積極的に紹介されていたのですが、

今はそういう商品が減り、
アフィリエイターの活動が少なくなってきたことも手伝い、

 

初心者の方々の選択肢がほとんど

「暴力的な即金系」

しか無いような現状になっている。

 

ろくに信頼関係が構築されていない状態で
20万~30万の「誰でもカンタン」な高額塾を売り込み
全力で刈り取るセールスが蔓延し過ぎているんですね。

 

ネットビジネス is 怪しい

ネットビジネスは、
人生を変えられる素晴らしいものである。

僕らは本当に、
ネットビジネスで人生が変わった人間です。

 

心から、
心からネットビジネスに感謝しています。
にも関わらず、

世間的な地位が非常に低く
家族に隠れてやらざるを得ない方が少なくないのが、
今のこのネットビジネスというものの現状です。


 

価格が価値に見合わない商品を
力任せのセールスで売りさばいて
社会に受け入れられた例は皆無ですよ。

布団の訪問販売なんかはその最たるものですよね。
「対面」という究極のセールスに頼ってるわけですから。

 

通常は売れないような高額商品を
「勢いで売る」ことばかりしていたら、

そりゃクレームも発生しやすくなるよね、
世間の理解は得られないよね、
という話です。

 

そんなんだから、

はなから「怪しいものだ」というレッテルを
世間様から貼られてしまっているから、

人生を逆転できる可能性を秘めた膨大な数の人々から
結果としてチャンスを奪うことになっており、

そして、周囲の目を気にしながら恐る恐る入ってきた方は
完全に食い物にされている

そういう状態です。

 

これじゃダメでしょ、

っていう話です。

手を変え品を変え
目新しい(ように見える)モノをちらつかせ、
過剰に煽って飛びつかせてるだけですよ。

 

もちろん世の中にはトレンドというものがあり、
稼ぎやすいノウハウ / 稼ぎにくいノウハウは
時々によって変わってくるので、

適切なタイミングで
適切な価値を提供すべきではあるのですが、

 

ほとんどの人は軸ブレブレじゃないですか。
ユーザを振り回しているだけじゃないですか。

アナタそれホントにユーザの為になると思って
やってるんですか、と。

 

そんなのばっかりだから、

初心者の方が選べるまともな選択肢が
ほとんど無くなってしまってるんですよ。

一番大きく、最初に目に付く道が、
刈り取られる道しかない。

 

そんなのおかしいじゃないですか。
そんな業界意味不明ですよ。

もっとマトモになって、
もっと世間から認められる、


そういうポテンシャルを秘めているんですよ。
ネットビジネスは。

 

新たなるフォローマティック?

だから、、

「この業界もだいぶマトモになってきた」
そう感じてもらうための象徴とし、

ネットビジネスに取り組むすべての人にとって
いつまでもスタンダードであり続けるような、

真っ当な教材を出そうと思います。

 

まずは実践して利益になることが最重要ですから、

初心者の方が最も稼ぎやすい最先端の手法を随時、
半永久的アップデートしてお伝えすることを考えています。

 

加えて、この地球上に人類が存在し続ける限り
一生食いっぱぐれることのない本質的かつ普遍的なスキル。

それを伝授します。

 

アカウントは凍結することもありますが、

あなたの耳と耳の間に培われる力は
誰にも奪われることがありません。

 

ツイッターだろうと、グーグルだろうと、
アップルだろうと、フェイスブックだろうと、
凍結することはできませんし、

日本政府だろうと何だろうと
税金を課すことも法で縛ることもできません。

それを、あなたに身に付けてもらいます。

 

ツイッターがメイン、ではない

つまり、

ネットビジネス初心者なら
これを手にとっておけば間違いない、

ある程度ネットビジネス歴の長い人でも
一生食いっぱぐれることのないスキルを
みっちりと固めることができる。


そんな教材にします。

 

ツイッターも軸のひとつに据える可能性はありますが、

ツイッターアフィリはFMXYで既に成熟しているので
少なくともツイッターがメインの商材ではありません。

 

「FMの新作はまだですか?」

という声を多くいただきますし、
ツイッターはまだまだいけますけれども、

 

2年後3年後も続くかといったら疑問ですし、

ツイッターに固執し続けることによって
稼ぎづらくなってしまうようであれば
本末転倒もいいところですからね。

 

半永久的に「手法」をアップデート

地味ではあるけれども、
一気にドーンと売ることは難しくても、
短期的に大きな利益が出るものではないけれども、

一人でも多くの方に稼いでもらい、
一人でも多くの方に本質的なスキルを会得してもらい、

強引なセールスによって売れるのではなく
口コミでじわじわと広まり、

結果として5年、10年という単位で、
FM以上に長く安定して愛され続けるようなモノにします。

 

そのためには当然ながら

「作って、売って、はい終わり」

ではなく、

命をかけて半永久的に
「手法」をアップデートしていきます
ので
楽しみにしていて下さい。

 

購入後のフォローアップはFMで
  • ツールの無償アップデート
  • ノウハウの無償アップデート
  • 無料サポート
  • 無料企画
  • 購入者通信
これらを3年間に渡り
コツコツとやってきた実績がありますし、

組織も大きくなってきたので
これを更に上回るレベルでやっていきます。

 

一緒に創っていきましょう

最も重要なのは、あなたの声です。

僕らがいくら考えたところで
あなたが求めるものと食い違っていたら
ただの自己満足になってしまいますからね。

 

今日お伝えしたものは
まだまだ構想段階に過ぎません。

僕らを信じて付いてきてくれている
あなたの声が加わることで初めて
価値が生み出されるのです。

 

初心者の方にも比較的気軽に手に取っていただくため
スクール形式ではなく教材形式を考えています。

 

あなた、

「これから稼ぐ方向けに
最新の稼ぎやすい手法を随時アップデート」

「今後も稼ぎ続けるための
本質的かつ普遍的なスキル」

この2つを提示し、

とりあえずの利益を得ていただくのは当然として、

好きな時に好きなだけ稼げる力を
あなたに手にしてもらおうと思う
のですが、

具体的な内容としてはどんなものを期待しますか?

 

また、既存のサービスや教材の
どんなところが不満だったり、
物足りなかったりするでしょうか?

あるいは、こんなツールが欲しい!
というアイディアでも良いです。

 

あなたの声を聞かせて下さい

最初にお伝えした、

・3周年記念企画に期待すること

そして、

・新教材に期待すること

もちろん片方だけでも大丈夫です。

LINE@などでメッセージをください。

 

ではでは。

あなたからの声をお待ちしております。

 

PS.

フォローマティックという名前の認知度は相当ですし、
僕らは完全にフォローマティックの人と認識されているので
フォローマティックの名を冠するかもしれませんが、

それだとツイッター商材のイメージが強すぎるので
◯◯マティック、みたいな感じに
落ち着きそうな気もします。

この辺はゆっくり考えていきます。
出すかどうかもまだ確定しているわけではないですし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です