ツイッターの機能がどんどん変わってます


こんばんは。北川雅嗣です。

以前の購入者通信でもお伝えしましたが、
これからは本名を全面に出していきます。

その購入者通信はこちらから
⇒ 「きったん」を捨てます

 

ハンドルネームよりも本名の方が
本気でやってる感じがするとか、

隠さずに正々堂々とやった方が好感が持てるとか、

そういう声を多数いただいたので
これで正解だなーと思います。

…まあ、別に隠していたわけではなく、
セールスレターとかpdfには
3年以上前から表記してるんですけどね。笑

 

さて、

今日はツイッター関連のニュースを
どどんと紹介していきます。

「ツイッター今後ヤバいんじゃね?」

みたいに不安になってる人も居るようなので。

 

複数アカウントの利用が禁止される??

ちょっと前ですかね、

複数アカウントの利用が禁止されるかも、という
まことしやかな噂が広まっていました。

 

まあ、完全にビビりますよね。
ツイッターアフィリは複数アカウント使ってナンボなので。

それは不安になるのも仕方ないです。

 

しかし、

噂はあくまで噂。

 

そんなときは噂を鵜呑みにするのではなく、

信頼できるソース(情報源)を確認することが
何よりも大切です。


根も葉もない噂話に流されるようでは
いつまでたっても搾取され続ける情報弱者のままですから。

 

情報は受け取るだけでなく、考え、調べる

情報をそのまま受け取るのではなく、

「本当かな?」

と、常に疑問を持ち、思考を止めず、
自分の力で調べるようにしてください。

なに、数十秒もあれば終わる作業です。

 

この習慣が身に付けば、

デマに流され
損をすることは激減しますし、

洗脳的なセールスにやられて
泣きを見ることも無くなります。


 

ソース(情報源)はできるだけ信憑性の高いものを

この複数アカウント云々の件に関しては、

ちょっと検索すれば
すぐにこういうページが出てきます。

 

複数アカウントは通常利用は問題なし
⇒ Twitterルール改定―複数アカウントは通常利用は問題なし

しかし、このサイトは明らかに
個人ブログに毛が生えた程度なので、
ソース(情報源)として弱いですね。

 

そこで、もっと見ていくと…

ITmediaニュースの記事が見つかりました。

Twitterルール改定
引用:ITメディア・ニュース

複数アカウントを全面的に禁止するものなのかどうか、
Twitterに問い合わせたところ、

「通常の利用であれば複数アカウントはこれまでと同じにご利用いただけます。
こちらのルールは、「攻撃的」であるためにアカウントを止められた方が
別のアカウントを作られることを禁じるというものです。」

という回答だった。

ITmediaニュースの運営会社は
10年近く前にマザーズに上場しているので、
それなりに信憑性があります。

 

最も信憑性が高いのは公式の発表なんですけれども、
今回のはそもそも公式の発表が曖昧だったから…
というところから始まった問題でしたからね。

 

そんなこんなで、

複数アカウントの利用は
今までどおり問題ないことが分かって安心できました。

 

ついでに、
他のツイッター関連ニュースも。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ツイッター140文字制限を撤廃?1万文字までを検討か
産経ニュース:ツイッター140文字制限を撤廃?!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

まあ、少なくとも個人ブログよりは信憑性がありますし、

より正確なソースを期待するなら
原文(英語)を見るのがベストです

 

ちなみに、うちの弟子の北原はこのニュースを見て

「これでまたチャンスが来ますね、
新しい人気アカウント作れる気しかしないです」

と豪語していました。笑

 

…しかし何というか、
ツイッターらしさが無くなるというか、

「140文字のミニブログ」と表現される
ツイッターの大きな特徴が無くなってしまうと
なんだか寂しい気もします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
番組サジェスト機能がテスト実装中か
なにこれ!?ツイッターの新機能にユーザーが困惑。。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これは信憑性の高いソースを見つけられませんでした。
テスト実装中のようなので当然といえは当然ですが…。
ただ、これが実装されれば
ハッシュタグの有効性が増しますね。

このサジェスト機能によって
ハッシュタグの閲覧ユーザが確実に増えるので。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ツイッターが「質の低いコンテンツを提供するユーザーを『自動ミュート』する機能」を導入!?
togetter
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

質の低いコンテンツを投稿するユーザを

自動的にミュートしますとのことですが…

 

これは怪しいです。

 

よく見て下さい。

これのソース(情報源)、
このユーザのキャプチャだけですよね…?

 

もちろん、上述の番組サジェスト機能のように
一部ユーザにだけテスト的に実装されている可能性も
無いわけではありませんが、

番組サジェスト機能は公式の発表が無いとはいえ
多数のユーザから目撃情報が出ているので、
ネタである可能性はかなり低いです。

一方、こちらの自動ミュート機能を報告しているのは
(軽く調べた限りでは)このユーザのみです。

よって、このユーザがネタとして
(画像を加工し)デマを流した疑いがありますね。

 

ツイッターとか、2chまとめとか、
そのあたりはソース(情報源)として最悪です。


 

情報弱者を脱し、変化に対応しよう

というわけで、

情報を鵜呑みにせず
ソース(情報源)をきちんと確認することの重要性と、

ツイッターはどんどん変わってるよ、

というお話でした。

 

情報はただ一方的に受け取るだけでなく
常に疑問を投げ掛け、調べるクセを付ける。

 

そして、諸行無常。

すべては変わっていきます。

ましてネットの、
とりわけソーシャルメディアほど変化の激しい世界は
人類の歴史を見ても例がありません。

その変化に対応しなければ
生き残ることなどできやしません。

 

それができれば、
急に目に見える効果が出るわけではありませんけども、

少なくとも生活費を稼ぐぐらいのことは
いつの間にか当たり前のことになっているはずです。

 

ではでは。

 

PS.

ソース(情報源)を確認する際
公式であることが非常に重要であるのは言うに及ばす、

海外サービスの場合は
日本語訳が間違っている可能性があるため、
可能なら原文を見ると良いです。


>複数アカウントの不正利用: 同一ユーザーが重複使用を
目的として複数のアカウントを作成すること、または
1つのアカウントが一時的または永久凍結された場合に備えて
別のアカウントを作成することを禁じます。

これの原文を見てみると…

>Multiple account abuse: Creating multiple accounts
with overlapping uses or in order to evade the
temporary or permanent suspension of a separate
account is not allowed.

とありますので大丈夫でした。

日本支社があるツイッターですら
利用規約に誤訳が掲載されていたこともありますし、
用心しましょう。

 

この辺の細かいところの誤訳は結構多いです。

文字数上限拡大に関しても、原文は
Twitter to Expand Tweet’s 140-Character Limit to 10,000
変更を検討してる、3月に正式発表と言っているのに、

ハフィントンポストなんかは
Twitterに投稿できる文字数、140字から1万字に CEO大筋で認める
>文字数の上限を1万字まで拡大することになった。
こんな風に決定事項的に誤訳してますし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です