金メダルの値段


6281
6281

オリンピックの裏では当然お金が動いています…



こんばんは。北川です。

いやーリオオリンピック盛り上がっていますね。

誰々がメダルを獲得したっていうニュースが
毎日のように飛び交っていて嬉しい限りです。

個人的にはテニスとか水泳が好きなので、
錦織圭が銅メダルを取ったのが非常に印象的でした。

 

3位決定戦では
今までほとんど勝ててなかった(これまで1勝6敗)
ナダルに勝ったっていうのが本当にもう…

失礼ですがちょっと勝つのは難しいかなー
なんて思ってただけに嬉しかったです。

 

まぁそれはさておき、
あなたは

今回のリオオリンピックで選手が
金メダルを取ることで
どれだけのお金を貰えるか知っていますか?

100万円?
1000万円?
はたまた1億円?

一体いくらなんでしょう?

個人的に気になったので、
ちょっとだけ調べてみました

 

金メダル獲得で貰える報奨金

まず調べてみてわかったのは、
オリンピックでメダルを獲得すると、

・日本オリンピック協会(JOC)
・各選手が所属する競技団体

この2つの団体から報奨金が貰えるようです。

競技団体っていうのは、
テニスだったり、水泳だったり、柔道だったりっていう
各スポーツ毎に取りまとめている団体ですね。

 

まず日本オリンピック協会からは、
どの競技であろうとも一律で、

金メダル 500万円
銀メダル 200万円
銅メダル 100万円

が貰えるようです。

続いて、
選手が所属している各競技団体の報奨金についてですが、
これは競技ごとに貰える額が違います。

詳しくはこちらの画像をご覧下さい。

gazou
 

あなたはこの額を聞いてどう思いますか?

あなたは、
この金額を聞いてどう思いましたか?

 

「こんなに貰えるんだ…」

「柔道の金メダリスト安すぎっ…」

なんて意見もあれば、

「水泳で金メダル取ったら、
一気に3,700万円も貰えるんだ…

今から子供を水泳クラブに通わせて、
将来のオリンピック選手へ仕立てあげます」

このように、

一攫千金を夢見て、
我が子をオリンピック選手にしよう

なんて思う方もいるかもしれません。

 

でもちょっと待って下さい。その確率って…

確かにオリンピックで金メダルを取れば、
金メダルだけでもかなりのお金が貰えますし、

その後スポンサーがついたりすれば、
一生食べるのには困らないほどのお金が入るとも言われています。

ある意味”グローバルドリーム”
なんて表現しても良いかもしれません。

 

でもちょっと待って下さい。

オリンピック選手になって、
実際に金メダルをとれる確率って一体どれぐらいなのでしょうか?

 

どんなに少なく見積もっても10万分の1

ためしに柔道と水泳を
軽く調べてみたのですが、

日本国内だけでも
競泳の競技人口は12万人
柔道の競技人口は15.5万人いるようです。

※世界の競技人口を調べて見たのですが、
明確な数字が出てこなかったので今回は日本国内の数字です。

世界規模でみたらこの2つの競技人口は、
100万人は優に超えるでしょう。

その中で金メダルを取れるのは”ただ1人”です。

厳密に言うと、

競泳は種目別、柔道は体重別で分かれているので、
競争する人数はもう少し減りますが、
それを踏まえても

金メダルを獲得できるのは、
どんなに競技人口が少ない競技でも
“10万人に1人”というレベルです。

3700万+αは確かに魅力的ですが、
確率論考えてみると、

そのお金を手に入れる確率は
0.001 %程度しかないわけです。

 

リスクの高すぎるギャンブル

オリンピックで金メダルは、

ネットビジネスのように
1日1時間の片手間作業で…

なんていう半分ふざけた態度では、
到底成し遂げられないでしょうから、
文字通り人生をかけた挑戦になるでしょう。

 

人生をかけたギャンブルの成功確率が0.001%って…

どう考えてもリスクが高すぎますよね…

 

「お金を稼ぐ」

という視点だけで見た場合、
オリンピックで金メダルを目指していくのは、
オススメできません。

 

着実に稼いでいきたいのであれば…

「オリンピックがオススメでないって…

じゃあ一体に何に挑戦すれば私は報われるんですか?
ここまで私を否定したんだから教えてくださいよ」

そんな声が聞こえてきそうですね。

 

着実に稼いでいきたいのであれば、
やはり”ネットビジネス”です。

 

口を酸っぱくして何度もお伝えしています通り、

ネットビジネスは、
正しい方法できちんと作業さえすれば、
ほぼほぼ全員の人が成果を出すことができます。
オリンピック選手のように
運動神経に優れた選手同士が競い、

最終的にその中の一人がその頂点にたち、
頂点に立てなかった選手は報酬が全く貰えない…

なんてことはまずありえません。

 

きちんとした作業さえすれば、
成果を出せるネットビジネスと

努力してもそれが報われない可能性が高い
オリンピックの金メダル…

稼ぐということにおいて、
比較するまでもありませんね。

 

金メダルとネットビジネスの比較

簡単にですが、
金メダルとネットビジネスとを比較してみました。

 

・練習量(作業量)
金メダル    :多い
ネットビジネス :副業レベルなら1日1~2時間あればOK

 

・長期的に稼げるか
金メダル    :10~15年
ネットビジネス :ネットがなくならない限り

 

・年齢による制限
金メダル    :長くて30代半ばまで
ネットビジネス :生涯現役

 

・稼げる確率
金メダル    :数万~数千万に1人
ネットビジネス :やれさえすればほぼ全員

 

・稼ぐまでにかかる時間

金メダル    :10年ぐらい
ネットビジネス :通常3ヶ月、早ければ1ヶ月

 

様々な面から検討してみましたが、
ネットビジネスの圧勝ですね。

 

堅実に稼いでいくのであれば…

諸々の面から考えてみても、

「お金を稼ぐ」

という意味だけだったら、
改めてネットビジネスって凄いですね。

堅実に稼いでいくならこれ以上のビジネスを僕は知りません。

もしあなたの身近に
今回のオリンピックの報奨金を知り、

「水泳で金メダルとGETして3700万を貰うんだ。」

と一攫千金を夢見て
オリンピックで金メダルを目指そうとする人がいたら、

そっと肩を叩いて、
ネットビジネスの方がよっぽど現実的で、
確実に稼げることをお話してあげてください。

 

P.S.
今回はお金を稼ぐという観点で見た時に、
オリンピックでメダルを獲得することの価値について
お話しましたが、

これはあくまで”お金を稼ぐこと”についてだけ
フォーカスした場合の話です。

オリンピックで金メダルを獲得するのは
何物にも代えがたいことでしょうし、
その喜びは僕には想像もできないものでしょう。

そもそもあのレベルで戦っている人たちが
お金のためにスポーツをやっている…
なんてことはないでしょうしね。

 

決して今回オリンピックに出場して、
日本のために頑張ってくれた選手を貶めるつもりはないので、
その点だけはご理解ください。

 

“金メダルの値段” への1件のコメント

  1. マロコ より:

    ネットビジネスって凄いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です