wikipediaの回答をお送りします。


photo_16-09-25-18-26-16-912
photo_16-09-25-18-26-16-912

こんばんは。北川雅嗣です。
先日出題しましたwikipediaの寄付募集の問題の
回答ができましたのでお送りいたします。

回答をいまかいまかと待っていた方、
お待たせしてしまい申し訳ございませんでした。



前回、前々回のメールをお読み頂いてない方は
まずこちらからお読み下さい。

なぜWikipediaには寄付が全然集まらないのか?

ヤバイ!センスある

 

先日wikipediaの問題を出題してから多くの方に提出をいただきました。

今回の資料を作るに際に頂いた回答すべてに目を通してみましたが
いやーみなさんセンスが素晴らしいですね。

僕一人では到底思いつかなかっただろうアイディアが沢山あって、
なるほどこういう考え方もあるのかと僕自身ものすごく勉強になりました。

当たり前の話ではありますが、僕もまだまだ勉強が足りないですね。
引き続き精進していこうと思います。

今回の課題をご提出していただいた方本当にありがとうございました。

さて、それで先日出題した問題の回答です。

まず修正前のwikipediaの寄付依頼分はこちら

読者の皆さま、 今日は、日本の皆さまにお知らせがあります。
ウィキぺディアの援助をお願いいたします。

私たちは独立性を守るため、一切の広告を掲載いたしません。

平均で約\1,500の寄付をいただき、運営しております。
援助をしてくださる読者はほんの少数です。

今日、読者の皆さまが\300ご援助くだされば、
募金活動を一時間で終了することができます。

私たちは小さな非営利組織ですが、サーバー、プログラム、人件費など、
世界でトップクラスのウェブサイト同等のコストがかかります。

私たちは、誰もが無料かつ制限なく
知識に触れられるべきだと信じています。

ウィキペディアを活用しておられるのでしたら、
広告を掲載せずにもう1年活動できるよう、
どうか1分だけお時間をください。よろしくお願いいたします。

この文章を踏まえて改善点やお願いをするあたって押さえておきたいポイントを解説していこうと思います。

 

文章で人を行動させるためには3つの壁がある

文章で人を行動させるためには3つの壁があるとされています。

その3つとはなにかそれぞれ説明すると、

・not read (読まない)
・not believe (信じない)
・not act (行動しない)

です。

それぞれの要素について実例を交えながら詳しく解説していきますね。

 

Not Readの壁を超える

文章を書いている人は、
「自分の書いた文章は当然読まれるもの」だと思っています。

実際は、そんなことなく、
ほとんどの人は書かれている文章を読んでくれていません。

自分の例で考えてみるとわかりやすいと思いますが、

日々あなたのメールボックスに送られてくるセールスメール、
ツイッターで流れてくる文章、Facebookに投稿される友人とされる人の文章…

これらのほとんどはそもそも見ないか、
見たとしても一瞬目にするだけでほとんど読んでいませんよね。

そうなんです。ほとんどの人は文章を読まないんです。

文章が読まれなければそもそもとして行動を起こさせることはできませんから、
相手を行動させる文章を書くときは読まれる工夫をしなければなりません。

では、実際にNot Readの壁を超えるためにどんな工夫をする必要があるか。
それを見ていきましょう

 
冒頭文が退屈すぎるのでひと目を引く工夫をする 元の寄付依頼文は
「読者の皆様、今日は、日本の皆様にお知らせがございます…」と始まっているため、
非常に退屈になってしまっています。

当たり前の話ではありますが、退屈な文章を好んで読んでくれる人など存在しません。。
文章を読んでいないのだから当然最終目標である「寄付」という行動まで至りませんよね。

文章を書くときは全く読んでもらえない。
という最悪の事態を避けるためにまず最初に人の関心を引くような衝撃的なことを書く必要があります。

例)
・お知らせ:1週間後、wikipediaは潰れてしまうかもしれません…
・Wikipediaを救うためほんの1分だけ時間をください。
・wikipediaをご利用中のあなたに1つお願いがあります。

どうですか?
これらの言葉があるだけで、少しは読んで見ようと思うのではないでしょうか

基本的に読み手が最も気にしていることは自分のことなので、
自分に関係のある話(読んだ方が得だ。読まなければ損だ)だと思わせられれば最後まで文章を読んでもらいやすくなります。

 
冒頭の呼びかけを「読者の皆さま」ではなく「wikipediaで調べ物をしているあなた」に変える これは単純ですが、基本です。

基本的に人は自分のことにしか興味がないので、
自分に関係のある話だと思わせないとほとんど読んで貰えません。

そういう観点で見た時、元の文章読み手への呼びかけが「読者の皆さま」となっており、
読み手を含めたその他大勢に訴えかけるような文章になっているので、
文章を読んでいる人にこの文章が自分へ対しての呼びかけであると思ってもらえません。

そうした事態を避け、
この文章を一個人への呼びかけとだと思って貰うために呼びかけを
「wikipediaで調べ物をしているあなた」と変えましょう。

 

これはちょっと場面を想像していただければわかると思うのですが、

街を歩いているときに
「街を歩いている皆さん、ゴミのポイ捨てはやめて下さい」
言われるより、
「街を歩いている○○さん(自分の名前)、ゴミのポイ捨てをやめて下さい」
と言われた方が自分のことだと思って相手の言うことを聞いてしまいますよね。

 

「あなた」と書かず「wikipediaで調べ物をしているあなた」と表現しているのは、
具体的な行動を加えた方がより自分のことだと思って貰えるからです。

今回はウェブサイト上での呼びかけなので
「wikipediaで調べ物をしているあなた」と表現するしかないのですが、

もしこれがメルマガなど媒体で、
相手の名字等がきちんとわかっているのであれば、
「あなた」と表現するより個人名を呼びかけた方が当然効果は上がります。

普段あなたの読んでいるメルマガが、
個人の名前で呼びかけているのはそのためですね。

種明かしをするとこの技法、僕も使っています笑

僕のメルマガの冒頭が「○○さん」と呼びかける文章になっているのは、
このような狙いがあるんですよね。

 

読み手に信じてもらうコピーライティングのテクニックとして以下のものが挙げられます。

 
Wikipediaがなくなることで、読み手がどれだけのデメリットを被るのかを理解させる 元の文章では、
Wikipediaがなくなったらあなたはどうなってしまうのか?
それが記載されていません。

人は本質的に得よりも損失を重く見る傾向があるので、
Wikipediaを利用できていたことであなたがどれだけ得をしていたのか(利益があったのか)、
そのwikipediaがなくなってしまうことであなたはどれだけの損をするのかを理解させると、

読み手にwikipediaがなくなるのは自分にとって損だ。⇒寄付をしなければならない。
という心理が働きやすくなります。

 
このページを見ているということは、

あなたはなにかを調べ物をしていてwikipediaにたどり着いたことかと思います。

Wikipediaはこのようにありとあらゆる単語に対してページを作っており、
みなさんが即時知識に触れられるようにしてあります。

ただこれだけのページを維持するには、
サーバー、プログラム、人件費など世界でトップクラスのウェブサイト同等のコストがかかります。

もし寄付が集まらない場合、今のような状態でサービスを続けることはできなくなりますので、
あなたが今何気なくできているちょっとした調べ物も今ほど簡単にできなくなってしまうかもしれません…

もしあなたが今と変わらずに調べ物を即時解決したいと思っているのであれば、
Wikipediaに寄付をお願いします。
このように原文を変えると、
どれだけ損であったのかがわかりますね。

 

Not Believeの壁を超える

読み手にとって興味深いことを書いてNot Actの壁を超えられたとしても、
次の壁としてNot Believeが立ちはだかります。

Not Blieveとは信じない。
すなわち、例え文章を読んでくれたとしても、人はそれを信じてくれないということです。

今回のwikipediaの例でいえば、
本当に寄付が必要だと思ってもらえない(寄付の必要性を感じてもらえない)と言い換えることができます。

 
具体性が足りないので数字を具体的に書く 人間は数字が大好きな生き物です。
数値を書くこと具体性が増すのでよりイメージがしやすくなるからです。

例えば、
・多くの人に愛され、医者も認めた化粧品
・200万人愛されているニキビ専門医師100人が唸った化粧品

2つを比べて見ればその差は一目瞭然ですよね。
どう考えても数字が入っている後者の方がイメージしやすい文章になっていると思います。

そう考えたときに、

私たちは小さな非営利組織ですが、サーバー、プログラム、人件費など、
世界でトップクラスのウェブサイト同等のコストがかかります。

このwikipediaの文だと、
費用がかかるのはわかるけど具体的にどれぐらいの費用がかかっているのかが記載されていません。

これも具体的にいくらかかっているのかをおおよその数字を書くだけで、
読み手としてはイメージが広がり、
「こんなに運営費用がかかっているのか… 微力ながら協力しよう」という心理が働きやすくなります。

架空の数字を持ってくるのは良くないですが、
Wikipediaの場合は実際何十億というお金が運営費にかかっているので(調べてみたところ約50億円)、
これを書かない手はありませんよね。

ちなみにこの数字を書く時もポイントがあり、
数値が具体的であれば具体的であるほど、具体性が増し説得力が強くなります。

例えば、
ツイッターユーザー100万人に聞いた○○
ツイッターユーザー98万人に聞いた○○
とした場合後者の方が人数自体は少ないにも関わらずイメージがしやすいですよね。

某無料オファーが再現性100%と書かずに、
あえて再現性99.8%と書いているのはそういう理由もあるんですね。

数字をあげるときはできる限り省略せず具体的に書きましょう。

 
なぜwikipediaを運営するのかストーリーを書く 人を信じさせ行動させる時、ストーリーを語るのは超強力な武器になります。

なぜなら人はストーリーが大好きなので、
そもそもストーリーを書くだけで文章が読んでもらいやすくなりますし、
ストーリーはイメージしやすく記憶に残りやすいので商品について深く理解してもらえるからです。

これは商品だけではなくすべてのものに言うことができて、
例えば宗教なんかも立ち上がりから現在に至るまでの綿密なストーリーが組まれていますし、
戒めとか価値観の刷り込みに関する話はすべて寓話の形をもって伝えられていますよね。

人を説得するだとか行動させる上でストーリーは最強の武器になる。
これは覚えて置いて下さい。

ストーリーという観点で見ると、現状の寄付依頼文は、

私たちは、誰もが無料かつ制限なく知識に触れられるべきだと信じています。

ウィキペディアを活用しておられるのでしたら、
広告を掲載せずにもう1年活動できるよう、
どうか1分だけお時間をください。よろしくお願いいたします。

このように寄付を募集するに至るまでのストーリーがほとんど書かれていないので、

これを例えば、


私たちは、誰もが無料かつ制限なく知識に触れられるべきだと信じています。

私は小さい頃、辞書を買うお金が無かったので、
知識を手に入れたいと思っても手に入れることができませんでした…

情報を知りたいと思ったときに、お金がない、知る権利がないなどといった
制約のせいで情報を得られないのは悲劇です。

私たちはそういったことをなくしたいと思い2001年にwikipediaを立ち上げました。

もしあなたがウィキペディアを活用しておられるのでしたら、
広告を掲載せずにもう1年活動できるよう、
どうか1分だけお時間をください。よろしくお願いいたします。

とするだけでも、ストーリーが盛り込まれている分、
読者の共感が得られることで寄付が集まりやすくなります。

 
第三者からの意見を掲載する 一方向から寄付が必要であることを説いても伝わらないし、
信じてもらえないことが多いので第三者からの意見を掲載します。

みなさんも映画を見るときとかは、映画配信業者がこれ面白いよーって言われてもあんまり信じずに、
友達からの口コミだったり、口コミサイトの評判を見て、
この映画が本当に見る価値があるのかを判断しますよね。

それを擬似的ではありますが行うのがこの技法です。

今回の場合であれば、
グーグルなどの巨大ITサービス企業の重鎮から
「このレベルのサービスを維持するのは本当に莫大なお金がかかる。
Wikipediaが広告を貼らずに運営できているのは奇跡と言っても良い。
今のサービスを維持するには更なる寄付が必要だ」だったり、

大学教授などのアナリストから
「wikipediaの運営はやばい。いつ潰れてもおかしくない」
という意見を入れることによって寄付が必要なことにより現実味をもたせることができます。
(当然ですが嘘はよくありません)

この第三者からの意見っていうのは本当に重要であり強力なので、
あなた普段見ているセールスレターだったりLPには必ず推薦の声という形で、第三者の声が入っているのでそういう観点で見てみると面白いでしょう。

 

Not Actの壁を超える

Nor readの壁を超え、Not Blieveの壁を超えた後、
最後に立ちはだかるのがこのNot Act(行動しない)の壁です。

これまでの文章でどれだけ寄付をしなければいけないと思わせても、
人間はすぐに忘れてしまう生き物なため、
寄付をするべきかちょっと迷っている間に、ちょっと気がそれるだけで
寄付をすること自体を忘れてしまい最終的には行動しないまま終わってしまいます。

この文章を読んでいるあなたもやらないといけないなーなんて迷っているうちに時間が経ってしまい、
結局やらないなんてことを経験したことがあるのではないでしょうか?
当然ですがどれだけ寄付の必要性を相手に理解してもらったとしても、
最終的に読者に寄付という行動をとってもらわないとwikipediaはお金を貰うことができません。

少しでも多くの読み手に対して寄付を促す、
つまり行動させるような文章を書く必要があります

読み手に行動してもらうためのテクニック以下のものがあります。

 
多くの人が寄付をしているように見せる(バンド・ワゴン効果を利用する)

「援助をしてくださる読者はほんの少数です。」

元の文章ではこのように記載されていますが、
このような記述をしてしまうと、

読み手からすると、
「あっ、ほとんどの人は寄付をしないんだ。
じゃあ自分も寄付をしなくてもいいかな」
ということを思ってしまうので、

この場合は
「多くの方に寄付を頂いています」
とする必要があります。

そうすることで、読み手に
「みんな寄付している⇒自分も寄付しないと」
という心理が働きやすくなります。

このようにみんなやってるから自分もやってみようと思ってしまう心理効果を
「バンド・ワゴン効果」と言います。

赤信号は本来渡っちゃいけないものだとわかっているけど、
他の人が赤信号を渡っているのを見るとついつい渡っちゃうことってありますよね?

それがまさにバンドワゴン効果なんです。

このバンドワゴン効果は至るところで使われていて日常生活で多く見かけることができます。

今世間で大ヒットしている「君の名は」という映画がありますが、
あれだってSNSや口コミで絶賛されていて、
それを見た人がそんなに面白いなら自分も見てみたいと思った結果今あれだけ大ヒットしています

バンドワゴン効果の有名な話として、

コンビニトイレの張り紙で多い
「いつもトイレを綺麗にお使いいただいてありがとうございます」というものがあります。

これは元々
「トイレを汚く使わないでください」という注意書きだったのですが、
この注意書きだったときは、
こんな張り紙があるってことは、いつもトイレは汚いはず。
だったらトイレは汚く使っちゃえ

という心理が働いたためか
トイレは汚いままだったのですが、
「いつもトイレを綺麗にお使いいただいてありがとうございます」という張り紙に変えたところ、
みんな綺麗に使っている⇒だったら自分も綺麗にトイレを使わないと。
という心理になったために、
トイレは綺麗に使われるようになったという話があります。
その他にも、例えばコンビニに置いてある募金箱。
あれも中身がすっからかんで誰も寄付していないことがわかると誰も寄付をしてくれない
(誰も寄付していないなら自分も寄付しなくていいかという心理が働く)ので、

仕込みとして最初にあえて募金箱にお金を入れておくことで、
募金箱を見た人が寄付をしやすいような雰囲気作りをしています。

余談ではありますが、
たまに募金箱に千円とか一万円が入っていることがありますよね?
あれも募金を募っている人の仕込みであることが多いそうです。

これも募金する人に対して
一万円も寄付している人がいる⇒じゃあ自分も1万円を…
という心理が働くというまさにバンドワゴン効果を狙ってやっています。

 
テイクアウェイセリングを利用する 人はいつでも買えるものには価値を感じることは少ないですが、
それが手に入らないかもしれないと感じると途端に欲しくなるものです。

例えば自動車のディーラーに行ったとき、
素材がどうだとか安全性がどうだとか散々ベネフィットを聞かされた後に、

「実はこの自動車は日本で1台しかないので、買うために審査が必要です。
この審査に合格しないとどれだけお金を積んだとしても車を売ることはできません」

と言われたら途端に欲しくなりませんか?

このように、
お客さんを少しその気にさせた後に、一旦突き放すことで、
お客さんから売ってくれと言わせる技法がテイクアウェイセリングです。

これをwikipediaの例に利用するのなら
「確かにwikipediaは寄付を求めていますが、
Wikipediaを有用で必要なサイトであると思っていないなら無理に寄付をする必要はありません。
私たちは有用であると思っていてwikipediaを運営していましたが、
あなたが必要ないと感じるのであれば閉鎖させるべきだと思いますので。」
という感じですかね。

 

このテイクアウェイセリングは情報商材のセールスレターにもよく使われていて、
レターの後ろの方に「ただしあなたは参加できないかもしれません…」だとか書いてあるのは、
その典型例と言っていいでしょう。

 
比較技法を使う 寄付の額をより多くしてもらう方法として比較技法というものがあります。

・人間は比較をすることで価値判断をしている
人間は自身が購入するものに対して
「これは値段以上の価値がある」とか「これは値段に見合った価値がない」などの
価値判断をそれ単体ですることできません。

なにか価値判断をするときは、
必ず何かと比較をしてその結果「お得」だとか「高い」とかを決めています。

例えば、スーパーで豚肉を買う時、
手に取った豚肉がお買い得かどうかは
過去の販売価格の比較、牛肉や鶏肉との価格の比較、産地の比較をすることで初めてできますよね。

豚肉の一般価格、他商品の価格といった前提知識がない状態で豚肉を渡されても、
比較対象がないとそれがどれだけの価値があるものかを理解できないはずです。

現在の寄付依頼文だと寄付として300円が欲しいということだけしか述べられておらず、
比較対象が明確にされていないため読み手にしてみれば300円を失うことしか想像できないわけです。

前述したように人は失うことを最も恐れる生き物なわけですから、
ただ単にお金を失うことをだけしか想像できないと寄付という行動をしてくれないわけです。

このように人間は比較対象がないと価値判断ができない。
じゃあどうするのか?
ここで比較技法を利用します。

つまりりんごがお得であることを説明するために、
みかんは1kg3000円するけどりんごは1kg1000円。
ほらりんごってめちゃくちゃ安いでしょ。

といった具合に読み手に伝える方法です。

例)
現在wikipediaは平均で寄付を1500円いただいておりますが、
いつでもどこでも知りたい情報が得られる電子辞書にお金を払っていると考えれば、
これは安すぎるとすら思います。(電子辞書は1台数万円することもあるので)
比較技法を使うときは、
読み手にとってより身近な例をあげた方がより比較がしやすくなり、納得もしやすくなるので
例を出すときは多くの人が共感できるような内容にする必要があります。

寄付は1口300円からですが、
これはプライベートジェット機の3000万分の1の価格です。

なんて言われても多くの人はピンと来ないですし、
だからなんだよ。っていう話になりますからね。
このテクニックは高額塾の販売でもよく使われていて、

最近僕が見た某高額塾でも、
「塾代30万円だけど家や車を買うよりはるかに安いよね。
それで人生変えられるんだよ。めちゃくちゃお得じゃない?」
このような表現をしていました。

これも家とか車を比較することによって、塾の価格を相対的に安く見せようとしているということですね。

※本日改めてwikipediaの寄付依頼文を見直していたのです文章が

今日、読者の皆さまが\300ご援助くだされば、募金活動を一時間で終了することができます。
コーヒー1杯ほどの金額です

と変更されていました。
まさにこの技法を使っていますよね。

寄付金をコーヒー一杯と比較することで、
文章を読んだ人が「まぁコーヒー一杯分の価格ならいいか… 」
と思わせるように誘導しています。

 
アンカリング効果を利用する 前述した比較技法の話に近い話ではあるのですが、

人間は比較することによって物の価値判断をしているので、
最初に提示した価格がその人の価値決定に深く影響します。

単純な話ではありますが、

通常価格100万の商品が今なら70%OFFで30万円。
と言われるのと

なんの前提情報もなくただ30万円です。

と言われるの。

どちらかが商品を安いと感じますか?

9割9分の人が前者の方が安いと感じますよね。

それは最初に100万円というアンカーが入ったことによって、
「100万円の商品が70%OFFになって30万円なんてお得」と思ってしまうからです。

こうやって、一度高い金額をみせることによって、その後に見せる商品を安いと思わせることを
アンカリング効果を利用するといいます。

こういった視点で、wikipediaの寄付依頼文を読んでみると

平均寄附金額が1500円と記載されているだけで、
その他の数値は300円という安い価格しか書かれていません。

これだとアンカリングが上手く働いてくれないので、
300円という金額をでさえ高いとしか感じる人がいるかもしれませんので

これを避けるために、アンカーとして、
寄付額が大きい人は100万円を寄付する人もいる。
という記述を加えましょう。(今回はあくまで例なのでこれが事実である必要はありません)
そうすることで、
寄付額が大きい人は100万も寄付をしている。
じゃあ自分も1000円ぐらいなら寄付をしてもいいか…

という心理が働きやすくなります。

このアンカリング効果は日常のいたるところで使われていて、
スーパーなどで値引き前の価格が書かれているのはそのためです。
980円⇒198円 とするだけで、消費者に980円というアンカーが入るので、
今売られている198円の商品が相対的に安く感じられる。
っていうことですね。

 
コミットメントをとる(一貫性の法則を使う) 今世間では「コミット」という単語が流行っていますが、
この「コミット」という単語、どういう意味であるか知っていますか?

コミットとは、責任をもった約束、公約、確約という意味があります。

ですので、巷で言われている「コミットする」とは、
責任をもった約束をするだとか公約をするという意味になるんですよね。

この「コミットする」という言葉、
言葉の響きがカッコイイからただやらせているわけではなく、
人間に一貫性の法則というものがあるからやらせているんです。

人は一度物事に対する姿勢を決めたら、その姿勢を一貫して貫こうとします。

例えば
休みの日に友達とディズニーに行くと決め、
親や彼氏に「来週の休みはディズニーに行くんだ」と宣言していたら、
当日に多少雨が降ろうが風が吹こうが意地でも見に行きたくなりますよね。

親や友人に宣言してしまった手前、引くに引けず最初に言ったことを遵守する。

あなたもこれに近い経験、あると思います。

 

ライザップがやたらコミット、コミットという単語を多用しているのは、
「自分の目標は痩せることである」
というのをユーザーに宣言させることで一貫性の法則を働かせ、

痩せたいんだよね⇒じゃあ食事制限をしないとだよね⇒イエス
痩せたいんだよね⇒じゃあ運動をしないとだよね⇒イエス

といった感じで
「自分は痩せたいのだからそのための行動をしないといけない」というのを無意識下で刷り込ませたいからです。

 

当然Wikipediaの寄付依頼文でもこの一貫性の法則は使えて、
小さなイエスを取っていくことで、一貫性の法則を働かせ最終的に寄付という目標までを達成させることができます。

例)
あなたがこうして wikipedia をご利用くださっているということは、
Wikipediaが有用なサイトであると感じていただけているからだと思います。
そのwikipidiaが寄付が集まらないために潰れてしまうのはあなたにとって不利益なことだと思いますのでもし今後もwikipediaをご利用頂くのであればwikipediaを救うために寄付をしてください。
例文では、

Wikipediaを使っているってことは有用なサイトだと思っているってことですよね⇒イエス
その有用なサイトが潰れてしまうのはあなたにとって不利益ですよね⇒イエス
じゃあ寄付をしないとですよね⇒イエス

といった感じで小さなコミットメントを取っていくことで、
最終的なゴールである寄付をイエスと言いやすくしています。

 

その他

コピーライティングというわけではありませんが、
寄附金額を上げる技法を紹介します。

 
単価を上げる 売上を最も簡単に上げる方法って知っていますか?

それは単価を上げることです。

現在wikipediaでは寄付の最小単位が1口300円となっているために、
お手軽感こそありますが、
いざ寄付をしようと思った人が最小単位である300円しか払わない可能性が高いです。

なのでこの一口を300円ではなく1000円にしましょう。

「1000円だと高すぎて寄付をしてくれる人が減ってしまうでは…」
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

当たり前の話ではありますが、1000円は300円の3倍以上の額なわけですから、
仮に寄付してくれる人の数が減ったとしても、
それ以上に寄付額の平均値が大きく上がるので全体としての収益は上がります。

仮に寄付額を1000円からにしたとしても、
寄付する人が300円のときの3分の1になってしまうことは考えにくいですからね。

これで売上を最大化することができるでしょう。

 

まとめ

今まで挙げたテクニックをまとめます。
Not Readの壁を超える 冒頭文が退屈すぎるのでひと目を引く工夫をする
冒頭の呼びかけを「読者の皆さま」ではなく「wikipediaで調べ物をしているあなた」に変える
Wikipediaがなくなることで読み手がどれだけのデメリットを被るのかを理解させる
Not Believeの壁を超える 具体性が足りないので数字を具体的に書く
なぜwikipediaを運営するのかストーリーを書く
第三者からの意見を書く
Not Actの壁を超える 多くの人が寄付をしているように見せる(バンド・ワゴン効果を利用する)
テイクアウェイセリングを利用する
比較技法を使う
アンカリング効果を利用する
コミットメントをとる(一貫性の法則を使う)

 
その他

単価を上げる

これらを一回で覚えるのは難しいと思いますが、
何度か読み直すことでこれら技法を覚えていただければと思います。

これらをすべて取り入れた文章が以下のものとなります。
wikipediaで調べ物をしているあなたへ。
このままではwikipediaは潰れてしまうかもしれません。

突然衝撃的な物言いをしてしまい申し訳ございません。

このページを見ているということは、
あなたはなにかを調べ物をしていてwikipediaにたどり着いたことかと思います。

Wikipediaはこのようにありとあらゆる単語に対してページを作っており、
みなさんが即時知識に触れられるよう日々運営を行っています。

ただこれだけのページ(みなさまのご協力もありページ数は380万にも及びます)ですから、
サーバー、プログラム、人件費など合計すると50億円のコストが毎年かかってしまっています。

私たちは独立性を守るため、一切の広告を掲載しておらず、
その運営はwikipediaを利用する皆様からの寄付によって成り立っています。

おかげさまで多くの寄付をいただいており、
平均で1500円という多大な金額となっております。
(100万円寄付をしていただいた方もいます)

ただ前述もしましたよう維持費が50億と膨大なので、
頂いた寄付だけで運営難しいので一口1000円からの寄付をしていただけないでしょうか?

私は小さい頃、辞書を買うお金が無かったので、
知識を手に入れたいと思っても手に入れることができませんでした…

情報を知りたいと思ったときに、お金がない、知る権利がないなどといった
制約のせいで情報を得られないのは悲劇です。

私たちはそういったことをなくしたいと思い、
2001年に誰でも無料で情報を知れるwikipediaを立ち上げました。

 

そのような思いで立ち上げたwikipediaですが、
もし寄付が集まらない場合、今のレベルでサービスを続けることは物理的に難しくなるので、
あなたが今何気なくできているちょっとした調べ物も今ほど簡単にできなくなってしまうかもしれません…

もしあなたが今と変わらずに調べ物を即時解決したいと思っているのであれば、
Wikipediaに1000円の寄付をお願いします。

確かに1000円は高いかもしれませんが
いつでもどこでも知りたい情報が得られる電子辞書にお金を払っていると考えれば、
それだけの価値は提供しているかと思います。(電子辞書は1台数万円することもあるので)

現在wikipediaは平均で寄付を1500円いただいております(寄付の多い方の中には100万円を寄付される方もいらっしゃいます)が、

もちろんwikipediaを必要と思っていない方に寄付をしていただきたいとは思っておらず、
同情によってサイトを維持をするぐらいであればなくなってしまってもかまわないと思っております。

 

もし普段からwikipediaを利用しているあなたが今後もwikipediaを有用に活用したいと思っているのであれば、広告を掲載せずにもう1年活動できるようどうかご協力お願いします。

⇒wikipediaをもう一年利用するために寄付を行う

 

今回伝えたものをすべて使おうとしてしまったために、
必要以上に文章が長くなってしまっている感がありますので
本当に伝えたいことを抜粋するなど適宜調整する必要があります。

 

その他読者の方から頂いた斬新なアイディア

寄付に宝くじ的な要素を盛り込む ただし、単に、寄付金をいただいいているだけではありません。
寄付金をいただいた中から抽選で当選された方には
寄付金の10倍のキャッシュバックをさせていただきます。

これは非常に面白いアイディアですよね。
寄付でありながら宝くじ的な要素を取り入れることによって、
今まで「寄付」という言葉だけでは反応をしなった層も取り込むことができるようになります。

多少手間がかかるようにはなるかもしれませんが、
寄付をしてくれるユーザーが確実に増える方法の一つだと思います。

 

実際に考えてみていかがでしたか?

今回wikipediaの寄付依頼文を改良するという問題を通して、
コピーライティングについて考えて頂きましたが、
実際にやってみてどうでしたでしょうか。

 

難しい。
考えるのに時間がかかった・
もうやりたくない。
面白かった。
コピーライティングについてもっと知りたい。

等々様々な意見があると思います。

 

もしよろしければ、
問題をやってみた感想をこちらにご記入下さい。

⇒ 感想提出フォーム

もし評判が良ければ、今後積極的に
今回みたいな問題形式を公式メルマガに取り入れていこうと思います。

あなたがこの問題を通して
感じたこと、思ったことをご意見頂ければと思います。

※この記事を印刷したい場合は、こちらからPDFをどうぞ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です