【事件です】googleによるツイッター買収について


%e5%9b%b31
%e5%9b%b31

ビクビクしないで稼ぐには…?



こんばんは。北川です。

 

事件です。

「ツイッターが買収されるかも!?」

というニュースが
先日飛び込んできました。

しかも、よくよく見てみると…

 

ツイッターアフィリが激変するところだった

ツイッター買収に名乗りを挙げていたのは、
なんとあの「Google」や「ディズニー」だったのです。

 

買収……

これはヤバいことですよ。
ホントにヤバいことなんですよ。

何故って、

ツイッターを買収したがる企業というのは
膨大なユーザデータを使って面白いことをしてやろう!
っていう考え方を持っているので、

実際に買収されようものなら
ツイッターに大きな変化が起きるのは必至。

そうなったら、

そりゃあもうツイッターアフィリエイターが
大きな影響を受けることは想像に難くないですよね。

もっとも、今回は買収が見送られる可能性が高そうなので
なんとか一安心といったところではありますが。

 

しかし、

注意していただきたいのは、

 

9.2

買収だけではない、
ツイッターが変わるのは買収によってだけでは
ないということです。

買収以外にも、
規約変更や会社の方針の変化など・・・
様々な要因で変わってしまいます。

2014年9月2日の
ツイッターの凍結基準変更による凍結祭りなどは、
その最たる例ですね。

 

多くのアフィリエイターが泣いたあの日

同じような事件が
プラットフォームに依存している全てのビジネスで起こりえます。

 

例えば、サイトアフィリにおいては、
2012年にパンダアップデートと呼ばれる
googleの検索順位決定のルールの変更があり、

これにより裏技的に上位表示していたサイトは圏外へ飛び、
多くのアフィリエイターが収入源を失いました。

 

またアメーバブログにおいては規制強化のため、
2012年にアフィリエイトをしていたブログが
一斉に削除されてしまいました。

 

変化に巻き込まれても倒れないためには?

・ツイッターアカウントの大量凍結
・パンダアップデートによるサイトの圏外行き
・無料ブログの一斉削除

どれも恐ろしい変化です。

一過性のノウハウに頼っていた人たちは
これらの変化によって一気に収入がゼロになり、

持ち直すことができなくて
その多くがネットビジネスを辞めてしまったそうです。

 

「こんなことが自分にも起こったら…」
そう思うと、恐ろしいですよね。

 

しかし、こういう変化に巻き込まれても、
倒れずに生き残れる方法があります。

それは、
『稼ぐための本質的な力を身に着ける』
ことです。

 

どんな嵐が訪れたって・・・

稼ぐための本質的な力というのは、

『相手に価値を提供してその対価としてお金を受け取る』
というビジネスの本質を理解し、
それを自分のビジネスに当てはめる力です。

これを理解していれば
何をしたって稼ぐことができるので、
ひとつの方法に拘る必要はありません。

 

この能力を手に入れると、面白いことが起こります。

たとえば・・・、

 

本質的な力を身につけると・・・

ツイッターのアカウントが凍結してしまっても、

ツイッターアフィリを通して学んだ
『どんなことをすればユーザーが価値を感じてくれるか』
という<知識>と<経験>が蓄積されているわけですから、

それまで学んだことを再びツイッターに反映させたり、
他のメディアに当てはめたりするだけで稼ぐことができます。

 

なので、

「また作り直せばいいや!」
「Facebookで同じように稼いでみよう!」
「今度はPPCアフィリで稼ぎますか!」

そうすぐに立ち直って再稼働することができるので
凍結にビクビクしないで稼ぐことができます。

(もちろん、凍結したらダメージはありますが、
本質が分かっていない人はそれで再起不能になってしまうのに対し、
分かっている人はそこまで重症にならない、という話です)

 

サイトアフィリでも同じです。

「ユーザーに価値を与える」
それさえ意識してコンテンツを作る力さえ鍛えていれば
仮にサイトが飛んでしまっても
そこまで落ち込むことはありません。

 

アメブロだろうと、
フェイスブックだろうと、
インスタグラムだろうと、

根底にあるものは何も変わりません。

 

一過性のノウハウが駄目になっても
本質(=価値を提供して対価を得る)を外しさえしなければ、
また別の具体的手法で稼げるのです。

 

本質的な力を養うための◯◯◯◯

それは意外と簡単です。

他人の成功しているビジネスや売れている商品を見て、
「どんな価値を提供しているのか?」
を考えてみてください。

 

たとえばフォローマティックは、
面倒な作業を自動化するツールやノウハウなどを提供することで
「稼ぎやすい環境」という価値を提供しています。

 

またユーチューバーと呼ばれる人たちは、
一見ふざけた動画をアップしているだけに見えますが、

企業の代わりに商品を紹介することで
販売促進という価値提供をしており、

商品が本当に良いものであれば、
ユーザーに対しての価値提供にもなりますよね。

そして何より動画の面白さが
最も強力な価値提供になっています。

 

Twitterだってユーザーにコミュニケーションの場や、
宣伝の場、情報収集ツールとしての機能などを提供しています。

これが価値の提供ではなくて何なのでしょうか。

 

更にもう一歩…

そして時には分析するだけではなく、
あなた自身がどんな価値を提供できるかを
考えみてください。

 

たとえば、ツイッター集客を始めてみたいけど
何をしたら良いのかわからない飲食店の経営者の代わりに、
フォロワーを集めてあげてください。

これはあなたにとっては
取るに足らない簡単なことかもしれませんが、

何も知らない人にとっては驚異的なことなので、
素晴らしい価値提供になります。

 

また、たとえあなたがネットビジネスで
数十円、数百円しか稼げていなかったとしても、

ネットビジネス初心者が全く知らないような
収益化の仕組みを知っているわけですから、

その情報を初心者に伝えることで
価値提供ができますよね。

 

このように日々価値提供について考えていくことで
段々と本質的な力が身につき、

あなたの収入がだんだんと増えていきます。

 

P.S.

ツイッター社を売りに出すか、
今のまま会社を維持するかの最終判断を
10月27の第3四半期決済までにすることがわかっています。

この買収騒動の結果次第で
ツイッターアフィリの方法が大きく変化するでしょうから
ツイッター社買収の最新ニュースに注目しておいてください。

僕も日々ツイッター関連のニュースを調べていますので、
何か動きがあったらメールでお伝えしますね。

 

P.S.2

ツイッター買収と聞くと、
「ツイッターがなくなっちゃうんじゃないか?」
と思う人がいるかもしれませんが、

こと日本に関しては大丈夫です。

確かに世界的に見れば、
スナップチャットやインスタグラムに
シェアを奪われてるかもしれません。

しかし日本だけで見れば、
アクティブユーザー増加率は5.2倍になっており、
ツイッターはまだまだ伸び続けている状態です。

 

ユーザーが集まっているからには広告収入が得られますから、
日本でサービス自体をなくす理由がないため、

ツイッターアフィリが
できなくなることはありませんのでご安心ください。

この件についてさらに詳しく知りたい方は、
『twitter アクティブユーザー数』
といったワードで検索をしてみてください。

 

P.S.3

過去にYoutubeがGoogleに買収されており
そのときは大きな変化がなかったので、

「あの時のYoutubeが変わらなかったんだから、
Twitterも変わらないんじゃない?」

そうお思いの方もいるかもしれませんね。

 

確かにYoutube買収の際は大きな変化がありませんでしたが、

それはYoutubeが元々素晴らしいサービスを持っていて、
Googleがその将来性にメリットを感じて買収していたからです。

一方で、業績が低迷の一途を辿っている
今のTwitterを買収するメリットは、
三億という膨大な数のユーザーデータを得られることであり、

これをうまく活用すれば成功させる見込みがあるからこそ
買収を検討しているようなものなので、

Twitterが買収されていたら
ほぼ確実に大幅な変化が起きると言えるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です