社員に「会いたい」だとか「だーいすき」とか言われました。


line
line

このスタンプは絶対に買ったほうが良いです笑

こんばんは。北川です。

つい先日、
社員から衝撃的なラインスタンプが送られてきました。

衝撃なスタンプはこちら
161020-1
※知らない方もいるかもしれませんが、
僕の名前は雅嗣(まさし)です。

 

なんでこのスタンプはこんなに面白いんだろう…

今は名前入りのスタンプなんてものがあるんですね…

まさか男からこんなスタンプが送られてくるとは…
願わくば女性から送られてきてほしかった…笑

このスタンプが送られてきて、
ひとしきり笑った後、

「なんでこのスタンプはこんなに面白いのだろう」

と考えてみました。。

なぜ僕はあのスタンプを面白いと思ったのか…

 

僕が面白いと思った理由

僕が面白いと思った理由は単純です。

「かわいいスタンプに名前が入っているスタンプは
見たことがなく新しかったから」

やはり考えられる理由はこれしかないですよね。

今までに見たことのないコンセプトだったから、
思わず目に止まってしまたっというわけです。

 

ニッチインリッチ

あなたは、
「リッチインニッチ」という言葉を知っていますか?

これはマーケティングの用語なのですが、

「多くの人が手を出しているメジャーな市場ではなく、
参入者が少ないニッチな市場に絞り込めば売上は大きくなる」

という意味で使われている言葉です。

今回のラインスタンプは、
まさにこのニッチインリッチで成功した例です。

 

もし今回のスタンプがただかわいいだけだったら…

このもしこのスタンプが、
「あいたい…」

と書かれているだけのものだったとしたら、

僕もたいした衝撃をうけることもなく、

こんなスタンプあるんだ。
ちょっとかわいいなー程度で済ませていたでしょう。

このちょっと可愛いスタンプに
「名前」という絞込を入れたことで

反応する層は少なくなりますが、
該当する層の反応率は劇的に上がったわけです。

 

これってネットビジネスも同じこといえませんか?

例えばサイトアフィリエイト。

サイトアフィリエイトでは、

最初から
「脱毛」、「ダイエット」、「美容」などといった
ビックキーワードでサイトを作っても上位表示されないため

これらのキーワードを狙って
今からサイトを作ってもまず稼げません。

なので、基本戦略として

まず、マイナーキーワード(ニッチな市場)での上位表示を狙い、
ある程度アクセスを集められるようになったら、
次第にもう少し大きいキーワードを狙っていきますよね。

ツイッターアフィリエイトも同じで、

今は「面白bot」、「洋楽アカウント」といった
誰でも考えられるアカウントを作っても
ユーザーが見慣れているためほとんど反応はとれないので、

面白い動画と言っても、
・高校生が面白いことをしている動画
・漫才だけを抽出した動画

音楽のアカウントといっても
・EXILEだけを抽出した動画
・AKB48だけを抽出した動画

このようにある程度市場を絞り込み、
ニッチな市場でフォロワーを獲得し、
そこにアフィリエイトをしていきます。

このようにネットビジネスも、
ニッチな市場を攻めるからこそ稼げるようになるわけです。

 

市場小さすぎませんか?

こういう話をすると、

「なるほど。
確かにニッチな市場を狙えば、
最初は稼げるかもしれませんね。

でも仮にライバルの少ない戦場で戦って多少勝てたとしても

そもそもの市場が小さいから
稼げるお金って少なくないですか?」

という反論もあるかもしれません。

確かに市場をニッチにしすぎると、
そういう側面もあるかもしれません。

 

絞込みが上手くいったら量産

市場が小さい。

その側面は確かにありますので、
それを補うために、

絞込が上手くいったら、
上手くいった事例に似たものを量産します。

サイトアフィリであったら、
「ダイエットサプリ 1番痩せる」で表示されたなら
似たような
「ダイエットサプリ 1番高評価」
で上位表示を狙う

ツイッターアフィリであったら、
AKB48アカウントで反応がとれたら、
次にNMB48アカウントを作成するというイメージですね。

ラインスタンプの場合も、
まさしだけでなく、
たかし、しんじ、こうじなど

名前の部分を変えるだけで、
新たな商品に変わるので、
簡単に100個ぐらいなら作れます。

確かに一つ一つの売上は少ないかもしれませんが、
各名前のパターンを100個作れば、

例え1つのスタンプにつき、
1日1個しか売れなかったとしても、
合計で100個売れることになります。

それだけ売れれば、
かなりの利益になるでしょう。

 

もしあなたがネットビジネスで稼ぎたいのなら

もしあなたがこの先ネットビジネスで、
安定的に稼いでいきたいのであれば、

今回お話した「リッチインニッチ」は忘れないでくださいね。

まずは絞り込み、上手く言ったものがあったら、
それに類似したものを量産です。

特にツイッターにおいては、
駆け出しの頃は、
この考え方が非常に大事になってきます。

まずはリサーチを行って、
勝負できそうな場所を見つけていきましょう。

P.S.
今回ご紹介した「まさし」スタンプが
僕の中でかなりヒットしたので、
柏崎の名前のスタンプを買って送りました。

161020-2 ※柏崎の名前は勇(ゆう)です。

僕の場合はネタとして買ったので、
すぐに飽きて使わなくなってしまいましたが、

恋人の名前が書かれたスタンプを買うと
かなり汎用性があるかもしれませんね。
(というか本来はそのためにあると思います笑)

あなたも愛する人のために、
名前入りスタンプを使ってみたらどうでしょう。

ラインスタンプは120円と
比較的に安価で買えるので、
良い話のネタにはなると思いますよ。

 

P.S.2

前回のメールを送信してから、

「今後ツイッターに大幅な規約変更があった場合、
フォローマティックやフィードマティックは
その規約変更に対応して使えるんでしょうか?

少し不安です」

このような質問を頂きました。

前回の記事を読まれていない方はこちら
http://kxk.jp/2016/10/17/1138/

さて、この質問の答えですが、
答えはもちろん「イエス」です。

フォローマティックは
2012年に販売開始してから現在に至るまで
何十回とツイッター仕様変更に沿ってアップデートしています。

手前味噌ですが、

売ったら売りっぱなしの商品やツールがほとんどの中、
こうして4年近く堅実にやってきたことが、
今なお売れ続けている一因でしょう。

最近はツイッターの仕様変更が落ち着いてきたこともあり、
アップデートの頻度は下がっていますが、

ツイッターがサービスを終了しない限り、
アップデートは続けていきますのでご安心下さい。

※過去の更新履歴はポータルに更新されています。
フォローマティックをお持ちの方は是非ご確認下さい。

 

“社員に「会いたい」だとか「だーいすき」とか言われました。” への1件のコメント

  1. 関 香澄 より:

    猫が大好きなご主人様に甘えている姿!
    同じかわいさを感じたスタンプでした。

    ニッチインリッチ
    「多くの人が手を出しているメジヤーな市場ではなく、参入者が少ないニッチな市場に絞り込めば売上は大きくなる」を覚えます。

    今、頭の中がごちゃごちゃです。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です