スタッフ「ボーナスくれ」⇒僕「嫌です」


aaaaaaaaaaa
aaaaaaaaaaa

こんばんは。北川です。

つい先日、仲良くしている後輩の社長さんから
こんな相談を受けました。

「会社で日々業務に打ち込んでくれているスタッフが
ボーナスを要求してきました。
こんな時どうしたらいいんですか?」

結果から言わせて頂くと
僕の答えはNOでした。

今回の場合はボーナスを渡さないほうがいいですね。
というのも、

 

ヒドイ!毎日遅くまで頑張ってるじゃないですか!

確かにスタッフの頑張りがなければ
後輩としても会社を余裕をもって
維持することは難しくなりますし

頑張ってくれること
自体は非常にありがたいことです。

しかしながら、
後輩の会社のスタッフには重大な過ちがありました。

それは、
「頑張っている」という過程やプロセス自体が
評価されると勘違いしてしまっていたことです。

キツイ言い方かもしれませんが
「頑張っている」こと自体が評価されるのは
小学生までです。

僕ら経営陣が評価するべきなのは、

 

どれだけ成果を出したか、どれだけ会社に貢献したか

です。

汗水たらして頑張ること自体が評価されるのであれば
社員がオフィスの周りを永遠に走り続けていたとしても
会社は給料をあげなければいけないことになります。

そうじゃないですよね。

世の中、何かしらの価値を提供したその対価として
報酬を受け取ることができます。

社員として給料を受け取るということは
その分の価値や労働を会社に提供してくれないと
会社としての採算が取れなくなってしまい

最終的には解雇せざるを得なくなってしまいます。

その社員を雇っていること自体が赤字だったとしたら
仕方がないことですよね,,,,

反対に、
受け取っている給料以上の成果を出し続けた場合

この人材にはもっと報酬をあげる意味があるなと判断され
昇進し、どんどん給料が上がっていくわけです。

なんならボーナスだって
2カ月分や3か月分もらえることだって
ザラにあると思います。

 

頑張った分がダイレクトに跳ね返ってくる

とはいえ
サラリーマンという形態の性質上、

評価が即日で給料に反映されるかというと
ほとんどの場合そうではありません。

すぐに反映されるとしても
多少ボーナスに色がつく程度でしょう。

しかし、
ネットビジネスで同等の成果を出してみてください。

どこかから雇われてるわけではないので
売り上げがそのまま報酬になります。

つまり
自分が頑張ったら頑張った分だけ
そのままダイレクトに報酬に反映されるというわけです。

ここで頑張らずして
どこで頑張るんだっていうほどに
条件が揃っているのがネットビジネスです。

 

「成果を出す」ということにフォーカスしてください

スタッフなら成果を出さなくても基本給は出ます。
(もちろんそのままでは
いつまで出るかは定かではありませんが,,,)

ですが、ネットビジネスの場合、
成果を出すことができなかったら
もちろん報酬はゼロですよね。

にも関わらず
自発的になることができず、
受け身の状態な方が多い印象を受けています。

自分で考えることを放棄して
言われたことだけやっていればいいやなんていうマインドで
稼げるような甘い世界では決してありません。

「とりあえず毎日ブログ更新すればいいやー」
じゃダメなんです。

より成約につながりやすい記事を書いて
もっとコンバージョンさせるべきなんです。

もっともっと成果にこだわってください。

ネットビジネスの世界で成果にこだわれば、
雇われのころは想像もつかなかったほどの大金が入り、
理想的な人生を手に入れることだってできるんです。

毎日生活に困らない程度のお金であれば
ほんの少し考えて勇気を出して行動に移すだけで
雇われていた時とは比較にならないくらい簡単に手に入ります。

ここで脳みそを使わずしてどこで使うんだという程に
圧倒的なリターンが期待できるのがネットビジネスです。

魅力的で理想的な日々を送れるように
日々思考を絶やさないようにして
意欲的にネットビジネスに取り組んでいきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です