なぜ、こんなに頑張っても成果が出ないのか?


こんばんは。柏崎です。

こんなに頑張ってるのに稼げません…
どうすれば…

そんな相談をよく受けます。

彼らは作業の取り組み方が間違っていることも多いのですが、

もっとも重要なのが

「基準値が違う」

ということです。



基準値の違い

「今日はめっちゃ作業した」と一口に言っても、1日2時間でそう感じる人もいれば、1日17時間やってはじめて「めっちゃ作業した」と感じる人もいるでしょう。

「○○について結構調べたな」と一口に言っても、1時間ぐらいのネットサーフィンでそう感じる人もいれば、リアルネット問わず情報を漁り尽くし、詳しい人に直接話を聞き、教材を購入し、自分で実践してみて初めて「結構調べた」と感じる人もいるでしょう。

そういうふうに、同じ言葉でも人によって基準となる質や量が違いすぎるのが問題でして、その「本気」とか「頑張る」の基準値が低いと、意気込んでビジネスに取り組んでいるにも関わらず、「俺はこんなに本気で頑張ってるのになんで…」ということが起きてしまうのです。

本人は徹底的にやってるつもりでも、成功者にとっては全然やってない、ということがよくあるんですね。イヤイヤ君やってるやってるって言うけどソレやってるうちに入らないよーそんなんじゃ成果出るワケ無いでしょーみたいな。



「ビジネスをやる」という基準値

副業といえど立派なビジネスです。ビジネスをやるっていうのは雇われて給料を貰うコトとは根本的に違います。相手に価値を提供できなければ収入は容赦なくゼロになりますから、持てる全てを注ぎ込まなければいけないんです。

だから少なくとも軌道に乗るまで、息をしている時間=ビジネスの時間だというのは本当に本当に当たり前なんです。それがもう大前提で、それをやって初めてスタートラインに立てるんですよ。

僕は数年間、昼も夜もほぼ毎日「10分ぐらい食べながら仕事」「20分ぐらいコーヒー飲みながら仕事」「15分仮眠」の繰り返しでした。食事の時間が勿体なさすぎますし、それが生産量を最大化できるからです。ランチ休憩1時間?最早機会損失そのもの。情報交換や関係性構築といった目的意識無しにただ漫然とランチ休憩を取り同僚と飯を食いに行くなど言語道断。未来の成功者に許される行動ではない。

休みっていうのは、家で作業を進める日です。休む日ではありません。

起きている時間は常にパソコンかスマホに触っていて当然です。エレベーターで10秒以上待ちそうならすぐにスマホを取り出して情報収集にあたりましょう。

夜もビジネスの時間です。睡眠時間というのは、その日覚えたことを記憶に定着させ、疲労を回復し、翌日のパフォーマンスを最大化するための時間です。そういう目的意識を持って全力で寝ることが肝要です。

それが当たり前になれば、シャワーを浴びてる間というのは頭を整理したりアイディアを出したりする貴重な時間ですし、睡眠中もビジネスアイディアや大事なタスクの夢を見るので朝起きたらすぐにメモするのが「当たり前」になります。基準値が上がるというのはそういうことです。



あなたはどっち?

副業といえどビジネス。雇われずに自らの力で稼ぎ出すっていうのは、こういうことです。何があっても自己責任で、誰のせいにすることもできません。いかに人生をそこに捧げて基準値をブチ上げるかが運命の分かれ目です。

こういう話をすると「そんなのしんどすぎるから無理」「いやいや家庭があるしそんなの無理」という反応を示す方がいる一方、

「しんどいだろうけど自分の可能性を信じてみよう」「大切な家庭のために何とか理解してもらい勝負に出てみるか」そんな反応をされる方もいます。

同じ内容なのに、人によって反応が180度が変わるのが面白いですね。

あなたはどちらですか?

そして、どちらが成功すると思いますか?



P.S.

あ、長時間やれば良いってもんじゃないですよ。生産量=効率×時間なので効率も超重要です。とりわけ睡眠時間を削っての作業は否定派です僕は。生産性がガタ落ちするので本末転倒です。それなら睡眠時間をしっかり確保したうえで起きている時間に集中して効率良くやるのがよろしい。眠かったら幸福度も落ちます。そこは注意してください。

もしも睡眠を減らさなければいけないほど本業に拘束されているとしたら、まずはそちらを何とかすることを考えたほうが建設的かと。

くどいようですが、長時間やれば良いってもんじゃないですし、このような基準値を持てたところでやり方を間違えていたり、そもそも取り組む内容を間違えていたら成果は出ません。これはただ多くの人が気付いていない、成功するために必要不可欠な要素の一つだということです。



P.S.2

そもそも、頑張るとか努力するとか、僕に言わせればそういう物言い自体がナンセンスだったりします。

努力はやめようという話(2017/11/15)
http://kxk.jp/ka4wa/2606mgy/



P.S.3

最近は僕が仮想通貨の話ばかりしているもんだから

「もうツイッターはやらないんですか?」

「俺はフォローマティックを買ったんだからツイッターの話が聞きたいんだよ!」

と感じられている方も少なくないのではないかと思いますので笑、近々北川が久しぶりにツイッターの話をしてくれるそうな。

楽しみにしていてください。



P.S.4

WS000003
3/18に何とか底値を形成したかと思われたBTCですが、割ってはいけないラインを割ってしまい、ダラダラとした下げが続いております。

出来高からいってまだセリクラは来ていないので、2/6の底値を下回るような酷い下げが来そうです。やや売りの圧力が弱まっているのでこのまま上昇する可能性もありますが、その場合でも買うのは上昇を確認できてからで十分です。頭と尻尾はくれてやれ。

指値で買いを入れるなら65万と55万ぐらいでしょうか。

60万~65万から大きくリバって一週間以内に83万を超えられればダブルボトム形成、下降トレンド突破です。日足の雲が4月中旬で薄くなっているので、4月中旬に95万を突破すれば一応のトレンド転換、4月末に105万のネックラインを突破できれば明確なトレンド転換ですね。

12月上旬から始まった暴騰の長い長い冬の調整が終わり、ようやく春を迎える形でしょうか。

今は「8割悲観」ぐらいです。もう一段階下がり、誰もが終わった終わったと言い始める「総悲観」になったとき買えたらベストですね。

大丈夫、仮想通貨の未来は明るいですよ。世界経済の6000兆円のマネーサプライに対し、仮想通貨のそれは高々50兆円にも満たない。インターネットの浸透が不可逆であるように、これからブロックチェーン、暗号通貨が浸透していくことも不可逆です。多少のアップダウンこそあれど、どうせ2020年には1000万を超えてます。



P.S.5

最近は一日中チャートを眺めているのですが、こうしてブログで短期の動向をお伝えするのは無理があるので、仮想通貨投資の情報をリアルタイムでガッツリお伝えする専用のLINE@を開設しようかと思っています。

そんなLINE@が開設されたら登録したい!という方はこちらをクリックして下さい。(ただの測定用です。クリックしても「ありがとうございました」と表示されるだけです)
http://kxk.jp/ka4wa/2605xph/

仮想通貨投資は、比較的低い基準値でも大きな成果を出すことができる非常に良い副業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です